子供の肥満に親はどう対応すればいい?安心・安全なダイエット完全版

子供の肥満に親はどう対応すればいい?安心・安全なダイエット完全版

「もしかして、うちの子って太り過ぎ?」

 

なんだか最近ますますマルマルとしてきた息子を見て、微笑ましいけどちょっと心配になっている2児ママchimakiです。

 

子どもの肥満は親の責任かも・・・なんて思いつつ、小学生に食事制限をさせるのもどうなのかなぁなんて。

 

子供には、ダイエットなんて気にせずのびのび過ごさせてあげたいけど、健康面なんかを考えると、なかなか心配も尽きない世のお母さんたちへ。

 

ちょっといい方法を発見したのでシェアしたいと思います。

 

うちのように、小学生の肥満を心配しているママさんたちには、もしかすると役立つかもしれませんので、よかったら参考にしてくださいね。

 

子どもの肥満は危ないのか?

 

小学生の肥満は増加傾向にあります。

 

子どもの10パーセントは肥満だと言われることもあるくらいなので、約10人に1人は肥満ということになります。

 

大人の肥満は、成人病などの病気にもつながるとして、健康診断でもかならず検査項目に入っていますよね。

 

では、子どもの肥満はどうなのでしょうか?

 

じつは子どもたちにとっても、肥満は病気のリスク上昇の危険をはらんでいます。

 

大人と同じように、子どもたちにとっても肥満はとても危険なのです。

 

では、具体的にどういった危険があるのでしょうか?

 

子どもの肥満にはどんな危険があるの?

 

子どもの肥満がもたらす危険には主に、以下のようなものがあります。

 

・2型糖尿病の原因になる

・将来的な心筋梗塞リスクを高める

・将来的な脳卒中リスクを高める

脂質異常症の原因になる

睡眠時無呼吸の原因になる

高血圧の原因になる

 

ヒザや腰への悪影響

 

特に問題なのが、いわゆる生活習慣病と呼ばれる「2型糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」などの原因となる可能性があるということ。

 

 

小児肥満の子どもたちのおよそ70%が、そのまま成人肥満へと移行すると言われていることを考えると、やはり「子どもだから大丈夫」とは言っていられないのです。

 

 

思春期に入ると、体格が形成されきってしまったり、肥満につながる生活習慣が定着してしまうなど、より一層痩せることが難しくなってしまうため、思春期前にはなんとか対応してあげたいところです。

 

 

でも、やっぱり成長期の子どもにダイエットなんて抵抗がある…という方が多いですよね。

 

そこで次は、成長期の子どもがダイエットをする危険性について調べてみます。

 

成長期の子どもがダイエットをしてもいいの?

  

小学生~中学生くらいの、いわゆる成長期にあたる子どもにとって、ダイエットはやはり危険なのでしょうか?

 

調べてみたところ、危険なのはダイエット自体ではなく、誤った食事制限であるということが分かりました。

 

 

というのも、成長期に誤った食事制限をすることで、筋肉や骨をはじめとする体のすべてに悪影響を及ぼす上、カルシウム不足貧血などの問題がおきるリスクが跳ね上がるのです。

 

女の子の場合は、貧血から月経不順や、生理が止まってしまうなどの症状に発展してしまうこともあります。

 

お母さんたちには身に覚えがあると思いますが、女の子は必ずといっていいほど、「もっとスタイル良くなりたい」「痩せてかわいくなりたい」と思い始める時期がありますよね。

 

私も、小学校を卒業するころにはすでにそう思っていました。

 

実際中学校にあがってからは、何の知識もないまま、今思えば無茶なダイエットをしていたと思います。

 

大人になるまで長い間続いた生理不順も、もしかすると成長期の無茶なダイエットが原因だったのかもしれません。

 

それでも、もっと重大な健康被害が出ずに済んだのは、私に備わっていた食い意地の強さと、単に運の良さのおかげでしょう。

 

そう考えると、体型が気になりだす時期になって、無茶なダイエットに手を出してしまうことのないよう、その前に安全に健康的な体型へと導いてあげることは大事なことですね。

 

そもそも、子どもの肥満はどこから?

 

では、子どもの肥満とはどのあたりからなのでしょうか?

 

具体的に数字で見てみましょう。

 

子どもの肥満度は、以下の式で求められます。

肥満度=(実測体重標準体重) / 標準体重 ×100 (%)

 

→リンク 標準体重はこちらで確認してください

 

たとえば、うちの息子の場合で計算してみるとこんな感じ。

分かりやすいように3段階に分けて計算します。

① 実質体重-標準体重   (42.535.5)=7       

② ①÷標準体重        7/35.50.197

③ ②×100           0.197×100=19.7

 

小学生の標準体重については、この計算して出た数字を、下の基準と照らし合わせます。

肥満度20%~:軽度肥満

肥満度30%~:中等度肥満

肥満度50%~:高度肥満

 

うちの息子の場合は、肥満度19.7だったので、ギリッギリ軽度肥満になっていない段階ですね。

 

でもほんとにギリギリ…。

気を付けないといけないことにかわりはなさそうです。

 

あなたのお子さんはいかがでしたか?

 

もし肥満にはかすってもいないという状況であれば、現状、心配はいらないと思いますが、うちのようにギリギリだったり、肥満に該当する場合は、積極的に対応してあげたほうがいいかもしれません。

 

子どもが自分で健康管理をするというのはむずかしいですから、お子さんがダイエットをする場合、親御さんのサポートは必須になってきます。

 

子どもにも安全なダイエットの方法

 

これからお子さんのダイエットについて考えようとしているあなたに、まず初めに肝に銘じておいていただきたいのが、ダイエット中だからこそ、栄養はしっかり取らないといけないということ。

 

先にも書きましたが、成長期にあるお子さんのダイエットで最も注意しなければいけないのは、栄養の偏りです。

 

成長に必要な栄養をしっかり摂りつつ、健康的な体重に導いてあげることが目標となります。

 

 

そのためにはどうすればいいか。

 

 

私のおすすめは、まずはお子さんの体質と、太ってしまっている原因を知ることです。

 

これは大人がダイエットする場合でも当てはまりますが、原因と結果というのは必ず因果関係があります。

 

白いご飯の食べ過ぎが肥満の原因なのか、運動不足が原因なのか、はたまた甘いものが原因なのか…。

 

まずは肥満の原因と、それを解決する方法を知らなければいけません。

 

 

もし仮に甘いものが原因なのであれば、今まで砂糖を使っていたところをダイエットに適した糖類に変えればいいですし、白いご飯が原因なのであれば玄米にするのもいいでしょう。

 

健康的に肥満を解消するために必要なことは、まずは体質と肥満の原因を知ることです。

 

関連記事↓

痩せたいけどお菓子が我慢できない人必見!食べて痩せる魔法のお菓子

 

 

遺伝子検査で肥満の原因を知る

 

結論から言って、肥満の原因とお子さんの体質を知るには、遺伝子検査を受けるという方法が最適です。

 

人間には肥満の原因として、大きく3つの要因があります。

 

それは、糖質リスク・脂質リスク・タンパク質リスクです。

 

この3つのリスクのうちの、どれがどの程度、肥満の原因となっているのかを調べられるのが遺伝子検査なんですね。

 

この原因となっているバランスは人によってさまざまで、親子であっても兄弟であっても異なります。

 

ですが、人生を通して変わることのない、一生もののデータでもあります。

 

あなたのお子さんの遺伝子タイプが分かると、原因にピンポイントに対応できるダイエット法が分かるので、むちゃする必要なく健康的なダイエットができるというわけです。

関連記事↓

【5分で簡単】一生使えるダイエット、自分に合った方法診断ならこれ

【EXITりんたろー。さんに学ぶ】ダイエット×睡眠が最強説。

 

遺伝子検査の安全性は?

 

遺伝子検査自体は、もともと多くは医療機関で行われていたものです。

 

現在では家庭で簡単にできる遺伝子検査キットも多く発売されています。

 

ただし、お子さんの遺伝子検査を考える場合には、多くあるキットの中でも安全性の高いキットを利用したいですよね。

 

お子さんが遺伝子検査を受ける場合におすすめの検査キットは、ファインシードという会社が出している「遺伝子博士」というキットです。

 

遺伝子博士がおすすめの理由

 

遺伝子博士は、世界まる見えで紹介されたことで人気と知名度が急上昇した遺伝子検査です。

 

テレビでも取り上げられるだけあって、安全面もしっかり徹底されていることがユーザーからの高評価を得ています。

 

遺伝子博士が安全である理由

①検査はすべて国内の検査機関で行っている

②個人情報について適切な保護措置ができている事業者の認定として、プライバシーマークを取得している

 

遺伝子を扱うわけですから、個人情報がしっかり守られない検査機関は怖いですし、プライバシーマークのない企業のキットを買うのも迷ってしまいますよね。

 

そういった指標をしっかり満たしていることから考えると、「遺伝子博士」はとても信頼できる遺伝子検査だと思います。

 

また、結果の分かりやすさ、詳しさにも定評があり、実際にアドバイスに基づいたダイエットで苦しまずに結果を出したという声もたくさんあります。

 

子どものダイエットだからこそ考えたい心の問題

 

ダイエットというと、ガマン、つらいなどのイメージがありませんか?

 

実際に、そういったダイエットをしている方は多いと思います。

 

ですが、ダイエットするのが小さいお子さんである場合、そういったストレスについても考えなければいけません。

 

ダイエットに関連してストレスが溜まる状況というのは、摂食障害や自己否定もにもつながる可能性があります。

 

それは大人も子どもも同じなのです。

 

特に思春期や成長期のお子さんの場合は、体とこころ、両方の健康に留意しながらダイエットをしていかないと、思いがけない不調を引き起こす可能性もあるのです。

 

お子さんのダイエットだからこそ、余計にそういったストレスのかからない方法を考えたいですよね。

 

〇〇ダイエットというのはこの世にたくさんあります。

 

ですが、そういった制限をかけられる方法は、子どもたちにとってつらいダイエットになりかねません。

 

遺伝子博士では、そういった制限にとらわれすぎずに、食事の順番や、太りやすいため注意すべき食べ物、積極的に取るべき食べ物など、「つらくないダイエット」のアドバイスがもらえます。

 

つらくないから、安心して取り組めるのです。

関連記事↓

効果が出ないダイエットに苦しむ日々とサヨナラできた「ある方法」とは?

 

 

「我慢しなさい」「そんなに食べちゃだめ」「そんなんじゃ病気になっちゃうよ」

こんなこと、かわいい我が子に、親も言いたくはないですよね。

 

親も子どもも、ストレス無く、無理なく、そして何より健康に痩せられるダイエットを、考えてみませんか?

 

子どもの肥満に親はどう対応するべきか まとめ

 

・子どもの肥満は、そのまま大人の肥満へつながりやすく、病気のリスクもある

 

・しかし成長期の子どもにとって、誤った食事制限などを含むダイエットは、健康や成長に悪影響が出る危険がある

 

・そのため、早い段階で大人が適切なサポートをする必要がある

 

・心と身体になるべくストレスをかけずにダイエットするには、まず体質と太る原因を知ることが大切

 

・その方法としては、遺伝子検査がある

 

 

おすすめの遺伝子検査として、「遺伝子博士」を取り上げました。

 

実際に結果が出ているという口コミも多く、安全性と検査結果の細やかさからも、お子さんを心配する親御さんに納得して利用していただけるキットだと思います。

 

子どもたちって、こちらが思った通りにはぜんぜん動いてくれないですよね。

 

親の心配をよそに、ごはんをおいしそうに食べる姿は、微笑ましくもあり、心配でもあります。

 

大切な存在だからこそ、お子さんが将来、病気などで悩むことのないよう、親としてできることをしてあげられたらいいですね。

 

遺伝子博士は現在キャンペーンも行っていますので、詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

遺伝子博士の口コミ

遺伝子検査の有用性について

 

公式サイトが見たい方はこちら↓

これからはNO食事制限★ダイエット成功者続出中→あなたも今すぐ遺伝子検査

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。